Twitterより




筆をなめたことが原因で鉛中毒になってしまい、手足の先端が痺れるようになってしまった・・・




〇Twitterの反応




















鉛白とは


特徴

現在では油彩用顔料として使用されている。油彩のモデリング等において活躍する。成分である鉛が触媒として作用し展色材である乾性油の酸化重合を促すこと、絵具化に際して要求される油量が少ない為油の影響を受け難いことなどの理由で、乾燥性が良い。塗膜の上塗り及び下層に対する接着性が良く、亀裂の発生も少ない。この性質は、鉛白の結晶が板状であり、塗膜に層状に配列することによると考えられる。カドミウムイエローやウルトラマリンなどと混色しても大抵は問題を起こさないが、硫黄化合物と混合すると黒変の可能性がある。水性絵具では硫黄成分を遮断できないので、水性絵具には適さない。
毒性があるので、長期にわたる皮膚などからの摂取には注意を要する。

中略

鉛白の発色は人間の美白肌の色彩として大変に美しく見えるため、絵具としてはルノワールなど女性の肌を描くのに多用した画家が多く、洋の東西を問わず人間が肌に塗るおしろいの発色成分として用いられていた。当然毒性からの中毒者も絶えなかったが、禁止されてもなお使用され続けた。
 

鉛白」( 2021年3月13日 (土) 18:15‎‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より引用


〇鉛白は油絵具に含まれている?


ホルベイン-色材の解剖学⑧ 油絵具のホワイト




微笑
鉛白は油絵具に含まれていることがありますが、顔料の特徴から水彩絵の具には使われていることはほとんどないようです
ホルベインのアクリル絵の具のカタログをさらりと見てきたところ、たしかに使われていないようでした

それでは油絵具の方はどうなのかというと
鉛白が含まれているホワイト…ホルベインの油絵具ではシルバーホワイトファンデーション○○等が該当します。鉛化合物が含まれている絵の具には毒性取扱注意記号の(Pb)が記載されています。また、鉛白の顔料記号はPW1です


ホルベイン公式サイトによるとシルバーホワイトの特徴は、

色:黄みで温かみがある色調
長所:乾燥が早い、堅牢で上層をしっかり受け止めることができる
短所:鉛白の有害性、黄ばみやすさ、硫黄を含んだ絵具やガスでの暗色化の懸念
使われるタイミング:描き始め~中描き
着色力:低い→混色用にも適する

現在は白の主流としては使われていないとのことです






ホルベイン-シルバーホワイトの毒性について教えてください






困惑 焦る 

長年使用して蓄積して発症する慢性中毒の危険性があるのですね
シルバーホワイト以外にも有害成分が含まれた絵の具はあるので、使用するときは換気に気を付けたり、マスクをつけるようにしたいと思います




〇ラジウム・ガールズを連想した人々








 ↓関連記事(外部サイト)

【悲報】お墓から強力な放射線がwww


彡(゚)(゚)「お、ステンレスのえんぴつみたいなのが落ちてるやん。持って帰ったろ」




困惑 焦る 

ラジウム・ガールズとは、ある時計工場で文字盤を書く仕事をしていて被爆してしまった女性労働者たちのことです。時計の文字盤を書くための塗料は放射性物質のラジウムでした

共に穂先をとがらせるために「体に有害な塗料がついている筆を口に含んだ」
ことが原因であることから、こちらを連想した方が多かったようです







こっそり

塗料のついた筆は舐めちゃダメです・・・!!!








スポンサーリンク
次はこちらもおすすめです!(外部サイト)